備忘録 / ソフトウェア / Linux

*Linux [#he81b086]
RIGHT:タグ [[:Linux]] [[:Raspberry PI]]
#description(Linux系のインストールや設定など)

Linux系(主にUbuntu系)のインストールや設定などのTIPS。

#contents
//#ls
//#ls2(,title)

|&amz(4798033812);&amz(4774138169);|

**全般 [#b0b5afc2]

***ログイン失敗履歴を確認する [#v0ffa00a]
- 外部に公開しているマシンなどで想定外ユーザーアクセスがないか調べたいときなどに使用
#pre(){{
lastb
}}

**Xubuntu [#d26fff38]

-入手元: [[Xubuntu>http://xubuntu.org/]]
--個人的にイメージカラーがオレンジ系の Ubuntu より青系の Xubuntu の方がいい、という適当な理由で選定


***日本語入力のための設定 [#s7b47ade]

-キーボードレイアウトの変更
--設定 > 設定マネージャ > キーボード
--レイアウト > キーボードレイアウトで「Japanese」を選択
※Japanese のカテゴリの下に色々あるが、それらでなくカテゴリ自体
-ibus設定
--Synapticパッケージマネージャから、ibus-anthy または ibus-mozc をインストール
--Ibus Preferences > Input Method で上記を選択

***タイムゾーンの変更 [#q6ea14c9]

-システム > 時刻と日付の設定 よりタイムゾーンを「Asia/Tokyo」に変更
-設定で「インターネット上のサーバーと同期する」を設定する
--このときNTPクライアントのインストールが行われる

***GIMP 2.8 への更新 [#nc3095a6]

-ウィンドウがバラバラのUIが非常にアレなので、シングルウィンドウモードの使える2.8へ更新
--デフォルトではマルチウィンドウのままなので、ウィンドウ > シングルウィンドウモード で設定変更する
-参考:[[GIMP 2.8 (Stable) Finally Available For Download ~ Web Upd8: Ubuntu / Linux blog>http://www.webupd8.org/2012/05/gimp-28-stable-finally-available-for.html]]
#pre{{
sudo add-apt-repository ppa:otto-kesselgulasch/gimp
sudo apt-get update
sudo apt-get install gimp

# 更新なら apt-get install でなく dist-upgrade でよい?
# sudo apt-get dist-upgrade
}}

**Raspbian [#e0d00f49]

- おそらく Raspberry PI で一番多くインストールされているであろう Linux OS。入門書などでもこれが使われている。
- Debian をベースに Raspberry PI 用にカスタマイズされたもの。
*** ソフトウェア/フォームウェアの更新 [#b2c75cf6]
- apt-get コマンド と rpi-update コマンドでソフトウェア/ファームウェアの更新を行う
#pre(){{
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
}}
#pre(){{
sudo rpi-update
}}

*** 無線LAN設定 [#wa076554]
- 無線LAN USBアダプタが認識されているか確認
  dmesg
  lsmod
  lsusb
  ifconfig wlan0

- アクセスポイントのスキャン
  sudo iwlist wlan0 scan | more

- 接続設定 (IPアドレス固定の場合)
  sudo vi /etc/network/interfaces
    :
  # allow-hotplug wlan0          # ホットプラグで有効
  auto wlan0                           # 起動時で有効
  # iface wlan0 inet dhcp
  iface wlan0 inet static
  address 192.168.1.100       # IPアドレス
  netmask 255.255.255.0      # サブネットマスク
  gateway 192.168.1.1          # デフォルトゲートウェイ
  wpa-driver wext
  wpa-ap-scan 1
  wpa-scan-ssid 0                  # APがステルスモードの場合は1、それ以外は0
  wpa-key-mgmt WPA-PSK             # キーの種類
  wpa-proto WPA2                   # WPAとかWPA2とか
  wpa-pairwise TKIP                # CCMPとかTKIPとか
  wpa-group TKIP                   # CCMPとかTKIPとか
  wpa-ssid "接続先のSSID"
  wpa-psk "接続先のキー"
  #wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
    :

- 再起動して確認

- 参考: [[Raspberry Piを無線LAN化 - ぱせらんメモ>http://d.hatena.ne.jp/pasela/20121224/raspi_wlan]]

***nodejsインストール [#e2829900]
- nodejs, npm を apt でインストール
#pre(){{
sudo apt-get install -y nodejs npm
}}

- npm から n をインストール
#pre(){{
sudo npm cache clean
sudo npm install n -g
}}

- n から nodejs最新版インストール
#pre(){{
sudo n stable
}}

- バージョン確認&後始末
#pre(){{
npm -v
node -v
sudo apt-get purge -y nodejs npm
}}

- 参考:[[世界一簡単なRaspberryPiにnode.jsを入れる方法 - KOKENSHAの技術ブログ>https://kokensha.xyz/raspberry-pi/best-way-to-install-nodejs-to-raspberrypi/]]

***ウォッチドッグの設定 [#n895f660]
- 予期しないフリーズの際に再起動してくれる仕組み
-- バージョンによっては設定が異なるので注意(下記は Jessie での手順)。バージョン確認は  lsb_release -a コマンドで可能

- インストール
#pre(){{
sudo apt-get install watchdog
}}

- サービス設定
-- Wantedby行を変更
#pre(){{
sudo vi /lib/systemd/system/watchdog.service
  :
[Install]
#WantedBy=default.target
WantedBy=multi-user.target
}}

- 自動起動の有効化
#pre(){{
sudo update-rc.d watchdog enable
}}

- モジュールのロード
#pre(){{
sudo modprobe bcm2835_wdt
}}

- watchdog.conf 変更
-- max-load-1, watchdog-timeout の行コメント解除, watchdog-timeout を追記
#pre(){{
sudo vi /etc/watchdog.conf
 :
max-load-1 = 24
 :
watchdog-device = /dev/watchdog
watchdog-timeout = 10
}}
 
#pre(){{
sudo shutdown -r now
}}

- 動作確認
-- 意図的にハングさせて再起動されるかを見るコマンドらしい。ダメそうなら電源USBケーブルを抜き差しして強制再起動させるしかない
#pre(){{
:(){ :|:& };:
}}

- 参考 : [[Watchdog Timer(ウォッチドッグタイマー)の使い方 - Raspberry Pi 3 & Python 開発ブログ☆彡>http://www.raspberrypirulo.net/entry/2017/03/18/Watchdog_Timer%28%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC%29%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9]]

//----
//#comment
//----
//#attach
//----