雑記 / 2020-02-24



[編集]

ニューラルネットワークを用いた歌声シンセサイザーNEUTRINO - 2020/02/25

タグ

Twitterで流れてきたのを軽く見てみた感じ、NEUTRINOという歌声音声エンジン(ボーカロイドとかUTAUとか)の新しいやつがでたようで、
それで作られた曲の音声がすばらしいようだ。
ちなみに下記は公式ページのNEUTRINOの説明文の引用。

NEUTRINOはニューラルネットワークを用いた歌声シンセサイザーです。本ソフトウェアはフリーウェアです。
楽譜から発声タイミング・音の高さ・声質・声のかすれ具合などを
ニューラルネットワークで推定します。上記の推定されたパラメータを元にvocoderで音声を合成します。
本ソフトの名称はまだ聞いたことのないような楽曲・ジャンルを開拓してほしいという思いを込めて名付けました。
あなたの創作・発見の一助になれれば幸いです。

たしかにサンプル曲を聞いた感じかなり自然な歌声になっている。
あとはそれを使う難易度がいかほどか?
できたとして調整とかしないといけないのか(そのままでも十分な質を出せるのか?) っていうのが気になるところ。
とりあえず今回は準備だけやっておくことにする。

  • 本体
    公式ページ にVectorのリンクがあるのでそこから入手。
    run.bat を実行すると、所定の場所に配置した楽譜ファイル(MusicXML形式)から音声ファイル(Wave形式)を出力するしくみ。
  • エディタ
    NEUTRINO自身に編集機能は備わっていないのでエディタが別途必要。
    本体readmeファイルによると、MuseScore を推奨しているようだ。